Browse Month by 10月 2015
未分類

アロエとは

アロエと一口に言ってもたくさんの種類があります。ほとんどが暖かいところで育つもので、アフリカ大陸や・マダガスカル島・中近東が原産地となっています。アロエの種類は数百種類とも、また1000種類以上ともいわれています。分類しきれていないものもたくさんあり、数はまだ増える可能性もあるそうです。

形は様々で20m以上にもなる大きいものもあり、ほとんどはとげがあるのが特徴ですが、中にはとげのないものもあります。そのうち薬用として使われているものはキダチアロエ・アロエベラ・ケープアロエ・ソコトラアロエ、の4種類もしくは更にアフリカーナ・シャボンアロエを加えた6種類言われています。そのほかにも民間薬として古くから使われていて最近になって有効成分が発見されたものは50種類以上に急増しています。

日本でよくみられるのはキダチアロエという種類のものです。アロエのほとんどが高温で乾燥した気候に向いているのですが、キダチアロエは日本の気候にも合っていて育ちやすく、食べると強い苦味を感じます。

未分類

アロエを使う前に…

アロエには様々な薬効があるといわれていますが、どんなアロエでも効果があるわけではありません。日本でよく出回っているキダチアロエは薬効のあるアロエの代表的なものの一つですが、観賞用のアロエもたくさんあります。薬効のあるものも種類によって含まれる成分が違っていたりもしますので、それぞれの薬効に応じた使い方をしなければ効果が得られないこともあります。

また、効果があるといわれている症状にも必ずしも効くとはいえません。アロエがやけどに効果的なのは有名ですが、軽いやけどに限ったもので、重度のやけどには効かないどころか、悪化させる恐れがあります。また胃腸薬としても効果がありますが、便秘に効く反面、むやみに摂るとおなかを下してしまうこともあります。

アロエは古代から世界中で薬として利用され、薬効があると様々な国の法律でも認められています。しかし体質的に合わないこともありますので、外用する場合はパッチテストなどで試してみたり、内服する場合は少量から始めることが必要ですし、合わない場合には思い切って使うのを止めることも大切です。

身体を変化させるものについては注意した方がいいですね。アロエに限ったことではなく、エステなどでも同じことが言えます。

未分類

医薬品と生のアロエ

アロエは民間療法でも健康食品でも広く使われています。基本的にはそれほど強い副作用などはなく、特に合わないサプリメント類などもないと考えられています。しかしまれに発疹・下痢・嘔吐などといったアレルギー様症状が出ることもありますので副作用が全くないわけではありません。

実はよく育てられているキダチアロエやアロエベラは日本で医薬品とされるアロエではなく、日本薬局法で医薬品とされているアロエはケープアロエの葉の汁を煮詰めて乾燥させた黒褐色のものです。これは局方アロエと呼ばれていて薬局で購入することができます。

局方アロエの効能としては、内服した場合胃腸や便秘に効くとされています。副作用としては大量に服用すると腹痛や子宮などの充血を招くため、妊娠時や月経時には避けるべきで、腎炎や痔の方には注意が必要であるとされています。

局方アロエはキダチアロエやアロエベラとは種類が違う上アロエはほとんどが水分なので乾燥させたものはそのまま葉から利用する場合の20倍ほどの濃度になりますので、グラム辺りの有効成分量も相当多くなります。自分で育てたものを普通に健康や美容のために利用する場合は、それほど副作用を心配しなくてもよいと思われますが、きれいに水洗いをしてとげを丁寧に取ることと、妊娠中や生理中は内服しないことは気を付けましょう。

未分類

アロエは医者要らず

アロエの代表的な薬効成分のほとんどは緑色の皮の部分(葉皮)に含まれるとも言われています。皮を剥いたジェル状の半透明の部分にも抗炎症作用を持つ成分や保湿作用を持つ成分(多糖類)が含まれていますが、

99.5%が水分でその量はわずかなため、内服する場合は特に葉皮の部分を使うのが望ましいとされています。

日本では薬事法にアロエの薬理成分アロインが医薬品として登録されており、そのためアロエベラ、ケープアロエについてはアロインの含まれる葉皮を取り除かないと食品としては使えないことになっています。

ただし日本で一般に見られるキダチアロエについては、薬事法の「食薬部分」での特別な場合を除き「医薬品とみなさない」グループに分類されているので、キダチアロエを原料としたものは葉皮を用いたお茶・ドリンク・健康食品などの商品に使われています。

アロエは多肉植物で高濃度のポリフェノールを代表とする抗酸化物質・殺菌作用物質・食物繊維・タンパク質・ビタミンA,B,C,Eを含み、多肉部分には豊富な多糖体とミネラルを含んでいます。 効能は細胞活性化・免疫活性化・抗炎症・抗菌・抗潰瘍・痛み物質分解など広範囲にわたり、「医者いらず」と言われます。

未分類

出会いのチャンスが広がるメリットがある婚活サイトやアプリ

ひと昔前までは、出会いの場と言えばお見合いが主流でした。結婚相談所などもあるにはあったのですが、何となく敷居が高い感じで、気軽に相談に行けるような所ではなかったように思えます。そのため出会いのチャンスを、職場や知人の紹介といった感じで、かなり狭い空間の中で見つける必要がありました。私自身も、なかなか出会いのチャンスがない中でも、何とかかろうじて今の旦那と出会ったといった感じです。

しかし今は便利なインターネットの時代となりました。ネット上ではユーブライドといった婚活サイトやOmiaiといった婚活アプリなどが沢山あるので、彼氏が欲しい、結婚したいなどの人なら手軽に登録でき、出会いのチャンスを広げることができます。普段の生活では決して出会うチャンスが巡ってこない相手とも知り合いになることができるので、より理想的な相手を見つけられるといったメリットもあります。

そう考えると、本当に羨ましくもあり、こういったシステムがもっと早く出来ていたらよかったのになと悔しく思います。