未分類

アロエは医者要らず

アロエの代表的な薬効成分のほとんどは緑色の皮の部分(葉皮)に含まれるとも言われています。皮を剥いたジェル状の半透明の部分にも抗炎症作用を持つ成分や保湿作用を持つ成分(多糖類)が含まれていますが、

99.5%が水分でその量はわずかなため、内服する場合は特に葉皮の部分を使うのが望ましいとされています。

日本では薬事法にアロエの薬理成分アロインが医薬品として登録されており、そのためアロエベラ、ケープアロエについてはアロインの含まれる葉皮を取り除かないと食品としては使えないことになっています。

ただし日本で一般に見られるキダチアロエについては、薬事法の「食薬部分」での特別な場合を除き「医薬品とみなさない」グループに分類されているので、キダチアロエを原料としたものは葉皮を用いたお茶・ドリンク・健康食品などの商品に使われています。

アロエは多肉植物で高濃度のポリフェノールを代表とする抗酸化物質・殺菌作用物質・食物繊維・タンパク質・ビタミンA,B,C,Eを含み、多肉部分には豊富な多糖体とミネラルを含んでいます。 効能は細胞活性化・免疫活性化・抗炎症・抗菌・抗潰瘍・痛み物質分解など広範囲にわたり、「医者いらず」と言われます。